DonKiのブログ

人の日記を覗きにきたドスケベのみなさま、どうぞごゆるりとしていってくださいませ。

Youtubeのバカみたいなサムネイルを嫌いになれない

僕はよくYouTubeで動画を見る。見る動画は映画関連のものが多い。この前は『ブレードランナー』のシーン集を見て感動した。手垢まみれの表現だが、退廃的な街の雰囲気が見事に僕にマッチしている。何度見ても良い。

 

僕が動画を見て、感動なり興奮なりを覚えているときに限って奴らが来る。タイトルの通り「バカみたいなサムネイル」だ。

 

サムネイル画面に埋め尽くされている鮮やかな文字色。目がちかちかするバランスの悪さに加え、知能が著しく低いと思われる文字列。僕は見かけるたびに脳味噌が悪い方向に刺激されているような感覚がする。でも、僕は「バカみたいなサムネイル」を嫌いになれない。

 

なぜなら、そこには投稿者なりの工夫があるからだ。この大量消費社会、情報過多の時代において、個人が爪痕を残すのは簡単ではない。そしてYouTubeはインターネット社会における大御所だ。自由に動画を投稿できるとはいえ、視聴されることはまれだ。

 

僕もかつて動画投稿に胸を躍らしていた時期がある。自分なりに下手くそながら編集をして、動画タイトルをつけて投稿した。しかし、結果は無残にも最大で再生数は「8」くらいだった。それがトラウマになって動画投稿を辞めてしまった。

 

生き残るのが難しいYouTubeという舞台で、バカみたいなサムネイルを表示させるという行為は、とても誉れ高い行為である。さらに再生数が低ければ低いほど僕は興奮する。「こんなにも努力してるのに再生数低ッッッ!!!」となるのだ。

 

僕は動画のサムネイルに、投稿者の努力を垣間見る。バカすぎてもダメで、知的すぎてもダメなのだ。ちょうどいいバカさ加減が、サムネイルの真骨頂。そのちょうどいいバカさ加減が難しい。自らバカになりきるのは難しいからだ。人間は自分の作品を人に見せるとき、プライドが入り混じってしまう。そうなると、変哲もない作品になってしまいがちだ。

 

僕が思う良いサムネイルの基準は、「出たばかりの犬のウンコの内部にある、まだホカホカの部分」だ。汚い言葉になってしまって申し訳ない。しかし、このバランスをあなたは身に着けることができるだろうか?これには相当な努力を要する。

 

だから、僕はYouTubeのバカみたいなサムネを嫌いになることができない。今日も明日も明後日も、僕はバカみたいなサムネイルを見かけるたびに、ほくそ笑むことだろう。