DonKiのブログ

人の日記を覗きにきたドスケベのみなさま、どうぞごゆるりとしていってくださいませ。

バレンタインデーとホワイトデーの煌びやかで儚い記憶

ここ二日三日、とあるエントリーを書くのにだいぶ疲れて寝ることすらままならない状況であった。申し訳ない、嘘をついた。昨日はがっつり9時間は眠った。そのエントリーとは以下のものだ。いかに僕が猛烈に清水富美加が大好きであるかが書かれている。全く読まなくてもいい。でも実は読んでほしい。もっといえばスターなんかくれちゃった日にはとても喜ぶ。だからスターをくだせえ。

 

donki.hatenadiary.com

donki.hatenadiary.com

donki.hatenadiary.com

 

改めて読んでみると、何をアホなくせに真剣に文章書いてんだろうと思う。僕みたいな知能がフジツボ以下の人間は、もっとぱっぱらぱーでいいのだ。だから今回のエントリーではぱっぱらぱーなことを書こうと思う。

 

さて、今日はバレンタインデーである。僕には無縁のイベントだ。無縁のイベントがやってきたとき、僕はどうしても斜に構えてしまう。「元々日本の文化じゃないから僕には関係ないんだからね!」と言ってしまう。しかしそれは本心ではない。本当はチョコを何十個も欲しい。モテモテになりたい。頬を赤らめた女の子が、恥ずかしそうに小さい声で「あの…これ…」と言ってチョコを渡されたいのだ。そんな演出なら僕は何回でも受け取る。

 

ではもう一生無縁なイベントなのか? このまま忘却の彼方に忘れ、下卑ることしかできないのか? 僕は絶望を覚えた。しかし一筋の光が闇からの救いの手を差し伸ばした。それは僕が小学生の頃の記憶だ。僕は一度だけ、たった一度だけチョコをもらったことがあるのだ。

 

しかも相手は僕が密かに片思いを抱いていた女の子からだった。その女の子は超絶美少女で、男子の誰もが話しかけるのに緊張していた人だった。犬のウンコを手づかみで握りつぶすという芸当を魅せた横溝くんは何事もなく接していた。

 

僕の顔面は正直褒められたものではない。小学生の頃のあだ名は「萎んだ風船」だった。ものすごく情けない顔しているのだ。そんな僕がチョコを貰える機会に出くわした。だからものすごく喜んだ。義理とか本命とかそんなの関係なく純粋にうれしかった。

 

貰ったチョコを片手に僕はスキップをしながら帰宅した。チョコを貰ったことは親に告げずに黙っていた。これは僕だけの秘密だ。何人にも言わない。ゆっくりと舌で転がしじっくり溶ける様を愉しみながら独りで食すんだ。るんるん気分で絶望的に気持ちが悪いことを想像していた。

 

貰ったチョコはどこにでも売っているような代物だった。味は可もなく不可もない。しかし、僕には極上の味だった。大好きな女の子から貰ったチョコが不味いはずがない。このときから、食事に求めるべき最高のスパイスは「ストーリー」だと思っている。ストーリーがあればどんな料理でもそのストーリーを享受するものにはこの上ない料理となる。

 

僕は涙を流した。そして心の中に閉じ込めていた自分を解放して、快哉を叫んだ。なんて言ったかは覚えていない。とにかく煌びやかなひとときを僕は味わうことができた。

 

それから1ヶ月が経ち、ホワイトデーの日を迎えた。僕は1ヶ月の間必死で貯めたお小遣い(カードゲームに散財していなければもっと貯まっていた)を片手に握りしめ、近所のケーキ屋さんに向かった。僕は「フィナンシェ」を選んだ。「フィナンシェ」という名前がなんとなくクールだったからだ。3個で500円くらいだった。当時の僕からしてみれば大金だ。僕はとてもバカなので、1万円あれば学校を征服できるものだと思っていた。本当にバカだ。

 

僕はチョコをくれた女の子の家を知らなかった。だからその子の友だちからこっそり聞き出した。チョコを貰ったという事実を知られるのが嫌だったため、「親が渡したいプリントがあるから」と、嘘を言ったらすぐに教えてくれた。子どもにとって親を話題に出すのは大変有用だ。悪口を言うのにも自慢をするのにも使える。

 

そして僕はその女の子の家の前に着いた。インターホンが目の前にある。これを押して女の子を呼び出すだけだ。しかし、それができない。目を合わしたときどうすればいいのか、渡すときに手に触れたらどうしよう、何も話せなかったらどうしようとあれこれ考えて、インターホンを押すどころではなかった。

 

門の前に立って15分くらい経っただろうか。女の子の玄関のドアが開いたのだ。突然のことに僕は内心あたふたした。僕は「え、うそ」と虚ろに言った。そして運悪く出てきたのはその子の親ではなく本人だった。「?」という顔で女の子はこちらを見てくる。僕の目には涙が溜まっていた。しかし涙を流すことを堪えて「これ!」とだけ言った。女の子はしばらく何のことか分からなかったようで、相変わらず「?」が浮かんでいた。しかしすぐ気付いたようで「!」という表情をした。「お返しくれるんだ」女の子はそう言った。僕は「へへへ」としか言えなかった。気持ちが悪い。

 

「ありがと。じゃあ、あたし塾行かなきゃいけないから、じゃあね」

 

非常にあっさりしたホワイトデーだった。既にどきどきは収まっており素に戻っていた。そし自宅に近づくにつれ、ふつふつと記憶が蘇り、「ありがと。ふふふ。ありがと、かぁ。へへへ、あたし塾行かなきゃいけないから、ほほほ」と呟いた。

 

家に着き、日常に戻った。いつものように風呂に入り、夕食を食べ、寝た。

 

その後、その女の子はすぐに外国に渡ってしまった。別れの言葉をかけることができなかった。チャンスはいくらでもあったのだろうが、僕は胸に閉じ込めたままだった。最後のお別れの会もありきたりなメッセージを書いて渡した。おそらく子供心ながらまた会えると思っていたのだろう。しかしあれから10年以上経っているが、一度も会っていない。同級生に会っても話題にすら上がらない。

 

もしかして最初から存在しなかったかもしれないあの美少女。もし存在するのならば、幸せな暮らしを送っていることを願う。