DonKiのブログ

人の日記を覗きにきたドスケベのみなさま、どうぞごゆるりとしていってくださいませ。

『けものフレンズ』は悪魔の産物なのかもしれない

最近やけに『けものフレンズ』なるものを目にする。どうやらアニメ作品らしい。僕は普段アニメを見ないでスルーするつもりでいた。しかし、どうも周りが騒がしい。幼稚化しているのだ。稚拙な表現でアニメを伝え、幼稚化を伝染させている。

 

僕はこの手の媒介法が苦手である。ツイッターでよくある「○○はいいぞ」とか「控えめに言って最高」というワードがどうも苦手である。おそらく誰かが言った言葉に汎用性があるから伝染していったのだと思うが、そのコピーアンドペースト感が僕にはダメなのだ。

 

どうやら『けものフレンズ』にもコピーアンドペースト現象が起こっているらしい。少し調べてみたところ「すごーい!」「たっのしー!」が流行っているらしい。もはや地獄である。幼稚化した知能をひけらかし、その自由奔放さは迷える人々を引き込み、人心を誑かしているのだ。もちろん悪魔の囁きに耳を傾けた者はあらゆる事象に「すごーい!」「たっのしー!」とばかり言うことになる。

 

なぜ僕がこの手の引き込みが苦手か。かつて『キルミーベイベー』というアニメが存在した。僕はその頃あんぽんたんだった。つまり疑うことを知らない純朴少年だったのだ。僕はアニメ好きの友人に言われるがまま『キルミーベイベー』を視聴した。最初は「なんだこのアニメは」とうんざりした。こんなしょうもない作品を薦める友人は罠を仕掛けてきたのかと疑った。

 

僕は怒りを友人にぶつけた。しかし、友人は飄々としたままである。この時点で友人がキルミー沼になっていることに気付くべきであった。

 

「ずっと見てればいいんだよ」

 

その一言を僕は信じてしまった。そして、僕もキルミー沼にハマってしまった。次話に進むたびに知能が幼稚化していく。理性の反抗も虚しく、脳は自然と快楽を覚えるようになり、常に見ていないと禁断症状が発生した。脳内麻薬は快楽を求め日常のあらゆるものを捨てさせる。そしてこの快楽を共有しようとする。僕はあらゆる人に『キルミーベイベー』を薦めまくった。そして何人かの患者を作ってしまった。申し訳ない。

 

悪口はあまり言いたくないが『キルミーベイベー』はクソ、特に牛の下痢便に近い作品である。僕がキルミー沼から抜け出せたのは『ショーシャンクの空に』という超名作映画を観たからだ。劇中、主人公は様々な困難に苛まれ、絶望すら覚えるが、希望を忘れることはなかった。最後に「救いはこの中にありました」という言葉があるが、そのときに我に返った。僕にとって救いはこの映画の中にあった。こんな素晴らしい作品が存在していることを知らなかった自分が恥ずかしくなった。

 

そして「キルミー=牛の下痢便」の方程式が脳裏に浮かんだ。僕は自分の愚かしさに気がつき、沼からの脱出に成功したのだ。それから僕は二度とその手の罠にはまってたまるかと抵抗を続けている。

 

そして今回新たに『けものフレンズ』が襲来してきたのだ。ツイッターには既に多くの患者がいる。脳内麻薬の分泌を抑えられず思わずツイートしてしまう迷える子羊たち。僕はそれを尻目に見て悲哀を覚えるのである。「すごーい!」「たっのしー!」は、麻薬の売人による「気持ちよくなるよ」と同等だ。あるいは、糖質の過剰摂取による脳内麻薬の過剰分泌により引き起こされる糖質依存に似ている。

 

「ネタでやってるだけだからw」と思っている人がいることだろう。僕もキルミーに没頭していた時はそうだった。あくまで「ネタ」としてやっていた。しかし、気がつけば「ネタ」ではなくなっていた。MGS3のザ・ボスの「長く自分を偽ると侵食される。常に自分を見失わない事だ」という名言をご存じだろうか? まさにその通りで、侵食されると自身の喪失に気付かないままでいる。だからどうか「ネタ」のつもりで自分を偽るのをやめてほしい。

 

いろいろ『けものフレンズ』を調べてみたところ、やはり楽しそうな雰囲気は否めない。これは一歩間違えたら取り込まれてしまいそうな邪念を感じる。多くの視聴者も最初は戸惑ったことだろう。しかし、一定のコミュニティが形成されると、残された人は集団へ羨望を覚える。次話へと進むたび次第にコミュニティに順化していく感覚。この快感を一度経験したら抜け出しづらい。だからどうか中毒患者になるのではなく、真に作品に向き合ってほしい。そうすれば正確に良さを伝えることができるだろう。

 

いや、まさか、正確に良さを伝えようとすると「すごーい!」「たっのしー!」に回帰するのか? もはや『けものフレンズ』は観測不可能に近い作品なのではないか? キルミーはしょうもない作品だったが、これは実際どうなのだろうか。もしかしたら大自然を擬人化することで身近さを演出し、自然界へと関心を向ける良質な作品なのかもしれない。

 

だから僕は『けものフレンズ』を視聴することにした。果たしてこの作品は僕をまた沼へと引き込むのか、新たな知見を得させるものなのか。僕は『けものフレンズ』の視聴レビューを書いてみようと思う。僕は『けものフレンズ』の良さを最大限見つけていきたい。