DonKiのブログ

人の日記を覗きにきたドスケベのみなさま、どうぞごゆるりとしていってくださいませ。

チョコミントアイス嫌いよ、チョコミントは歯磨き粉味じゃない

僕はチョコミントアイスが大好きだ。チョコミントアイスを前にしたらどんな高級なお菓子も灰燼と化すほどだ。それくらい僕はチョコミントアイスを愛している。しかし残念かな世の中には憎っくきアンチチョコミントの存在がある。その人たちの主張は主にこうだ。

 

「チョコミントって歯磨き粉味じゃん」

 

チョコミントの話題になると決まって歯磨き粉味と言わなければ死んでしまう病の患者が多い。今回はそんなアンチチョコミントの意見を覆すエントリーだ。

 

まず、なぜチョコミントが歯磨き粉と呼ばれなければならないのか。それは至って簡単。歯磨き粉を口に放り込むとスースーするからである。歯磨き粉にミントが入っているのか知らないが、歯磨き粉にはミントが入っていると思われているようだ。たったそんな理由でチョコミントは歯磨き粉と呼ばれている。なんとも嘆かわしい。

 

では、歯磨き粉にチョコや砂糖、ミルクは入っているのか? 答えは簡単。入っているはずがない。そんな事をしたら歯周病患者が増えて訴えられるだけだ。だから、そもそもチョコミントは歯磨き粉というのは視野が狭い。チョコの部分を度外視してはいけない。さらに同じスースーならガムはどうなんだ。あっちは特に何も言われていないではないか。どちらかというとガムのほうが歯磨き粉に近い。しかもそういうスースーするガムに限っておいしくもなんともない。人工甘味料のような味がうっすらとするだけでどちらかと言えば不味い。それなのにガムはなにも蔑まれる事もなく安地に居座っている。これは許しがたいことだ。

 

しかし、今回の相手はガムじゃない。アンチチョコミントだ。ミントという所だけを見て「歯磨き粉味」という蔑称を付けている。さらにやっかいなのは、こちらがいかにチョコミントのおいしさを伝えようとしても「でもさ、歯磨き小味じゃんw」の一言で全てを破綻させようとする。あまりにも安易すぎる。僕は荒波の中でもチョコミントの素晴らしさを伝えたい。

 

まず、チョコミントアイスという響きから、その成分がチョコとミントだけに限定されていると思われるのだろう。しかし実際は違う。チョコミントという名前に至るまでの過程にはそもそもアイスがなければならない。つまりチョコ+ミント+アイスの黄金比を見つけなければバランスを崩しどっちつかずになってしまう。チョコミントアイスはデリケートは食べ物なのだ。ミントが強すぎればスースーする代物に、チョコが強ければチョコだけで良くなってしまい、アイスが強ければ、バニラ食ってろとなってしまう。ミントの清涼感、チョコのパリパリ感、アイスのほどよい甘さがマッチしていなければ成立しない。

 

それを安易に「歯磨き粉味」と決めつけるのはあまりにも愚かしいのではないか? そもそもアイスを作るのですら大変なのに、そこにチョコとミントをバランス良く配合することの手間の多さに感動すら覚える。これはあんこ職人とよく似ている。小豆をただ茹でて砂糖を加えるだけではない。長時間小豆を茹で、よくチェックし差し水をし、水と小豆のバランスをキープし、塩を投入し、砂糖を入れ煮る。こうしてあんこは生まれる。さらにこしあんにするには手間をかけて漉す作業を必要とする。僕は職人が手間をかけて作ったこしあんが好きだ。なぜならそこにはストーリーがあるからだ。チョコミントアイスにも同じだ。チョコ、ミント、アイスの黄金比を見極め、バランスを保つには相当の苦労がある。僕はストーリーがある食べ物が好きなのだ。

 

チョコミントアイスを夏場に食べればアイスのおいしさにまず感動できるし、冷たくてぱりぱりしたチョコで甘さを補給できるし、ミントの清涼感ですっきりできる。夏場には一石三鳥のアイスなのである。さらに冬場にも最適だ。冬場はこってりしたものを食べがち、そこでチョコミントアイスの存在が欠かせない。冷えているから甘さが控えめのように感じるさっぱりしてるから冬の食物事情にはもってこいである。

 

残念ながらチョコミントアイスはそこまで市民権を得ていないのか、通年で売られるケースはほぼ皆無だ。通年売られている場所があれば教えて欲しい。そこに移住したい。

 

チョコミントアイスの素晴らしさが分かっただろうか。僕の文章力が乏しいのでこのくらいしか書けないが、必死さは伝わっただろう。「歯磨き粉味」という貶しがどうしても許せず書いてしまった。これからもチョコミントアイスの素晴らしさを伝えていきたい。