読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DonKiのブログ

人の日記を覗きにきたドスケベのみなさま、どうぞごゆるりとしていってくださいませ。

セガール映画を楽しめないあなたへ送るセガール映画5選

こんばんは。最近よく悪夢を見ます。

 

さて、僕は沈黙シリーズで有名なセガール映画が大好きなのですが、アマゾンやツイッターを見ていると意外と酷評が多いもんなんですわ。僕はね、とても悲しい。「中身がない」だの「設定がめちゃくちゃ」だの「セガールが無敵すぎる」だの…。そんな意見を読むと自然とため息が溢れます。そんな意見を言う人は全くセガール映画を分かっちゃいないのです。セガールが出演している=「中身がない」、「設定がめちゃくちゃ」、「セガールが無敵すぎる」ということは確約なんですよ。残念かなそれらの情報が事前にインプットされていなかったために間違ったレビューをしてしまう犠牲者が多い。僕はその状況が悲しい! だからこの記事では僕的おすすめセガール映画5本を紹介します。是非5本を視聴して間違ったセガール評はもう止めましょう。

 

1.沈黙の断崖

f:id:DonKi:20161102231326j:plain

アメリカ環境保護局の調査官のセガールが、ある町で起こった有毒廃棄物の不法投棄の取り締まりを担当することになり、なんやかんやあって町の人たちと仲良くなり信頼を得るが、不法投棄をしている悪徳業者には嫌われ三昧。保安官として住民に聞き回るセガールに対し、悪徳業者は刺客を送る。しかしセガールは刺客を半殺しにする。

不法投棄の件に関して住民はだんまり。なぜなら住民は不法投棄をする業者から口止め料をもらっているからだ。そこでセガールは「悪党に負けるなクソ野郎ども」と教会で説教するが、なかなか効果は現れず…。そんなとき協力的な女性が現れる。しかしまたもや悪徳業者からの妨害があり、セガールはどう切り抜けるのか…!?

 

まあはっきりいいます。悪党をボコボコにして環境保護局の職員なのに放射性物質は平気で垂れ流すし悪党はブッ殺すし、もうめちゃくちゃ! しかしこの映画はセガール作品の中でも優しいセガールを見れる珍しい作品です。ギターで曲は奏でるし協力者の女性が侮辱されたら、相手を鉄拳制裁する優しさがあります。優しいのか残虐なのか分からないですね。

セガール映画はこのめちゃくちゃを楽しむ映画なのです。セガールの前では倫理も道徳もありません。あるのはセガールの拳のみ。この映画のストーリーにケチを付ける人は、セガール映画のいろはを知らない人なのです。放射性物質がなんだ、保安官なのに敵をブッ殺して何が悪い、な作品です。ちなみにめちゃくちゃすぎてラジー賞にノミネートされました。

 

2.刑事ニコ/法の死角

f:id:DonKi:20161102231340j:plain

中央情報局(CIA)エージェントのフォックスにスカウトされ、特殊工作員としてヴェトナムに渡ったが、現地で行われる残虐な拷問を見て嫌気をさし、拷問を楽しむ同僚のゼーガンを殴り倒した末、CIAを退職する。

心に傷を抱えてアメリカへ帰国したニコは、その後、犯罪都市シカゴで辣腕をもって鳴る刑事になっていた。行方不明の従兄妹を探すうちに大きな事件にぶつかることになる。精肉工場での麻薬取引現場に張り込んでいたニコは激しい銃撃戦の末、密売人たちを逮捕する。ところが押収物は麻薬のはずが、プラスチック爆弾のC4であった。しかも、逮捕したはずの密売人の主要人物2人が、証人保護プログラム適用者だと主張するFBIによって釈放されてしまう。憤慨したニコは相棒の女刑事ジャクソンらと共に引き続きこの捜査にあたるのだった。(※ウィキペディアより)

 

すいません。自分であらすじを書くのに疲れました。

この映画はセガール出世作で、セガールが日本語を話します。まあ正直それだけなんですが、セガールが若いだけあってアクションは小気味良いし、セガールの格闘技、通称「セガール拳」は昨今の安易なVFXによる嘘っぽいアクションに飽き飽きした我々現代人にはちょうどいいリアルなアクションが見れる作品です。これが本当のセガール拳だ! というシーンが満載のおすすめ作品です。

 

3.グリマーマン

f:id:DonKi:20161102231408j:plain

ロサンゼルス市民は、一般家庭をターゲットにした連続猟奇殺人事件に恐怖していた。それは、十字架にかけられたキリストのように、被害者を壁に磔刑にするという残酷極まりないものだった。この犯人を世間は「ファミリーマン」と呼んでいた。

ニューヨークから赴任してきたジャック・コールセガール)は、刑事としての洞察力などその他方面にかけての力を認められ、殺人課の刑事ジム・キャンベルと組んでファミリーマン事件に当たることになる。ジャックとジムが被害者を検死しているところへ赴くと、被害者は骨肉腫に罹っていた事を告げられる。

ある日、市内の学校で生徒による立て篭もり事件が発生する。現場に急行し事件を解決したジャックのところへ、町の実力者フランク・デベレルの用心棒ドナルド・カニンガムが現れる。立て篭もり犯はデベレルの息子であったため、事件の供述に色をつけてほしいとのことだった。ジャックは半ば脅しともとれるドナルドの言葉を一蹴する。

そして数日後、またファミリーマン事件が発生する。被害者はジャックの前妻で夫と共に壁に磔にされていた。現場にはジャックの指紋が多数発見され、ジャックは窮地に追い込まれる。しかし、ジャックはこの事件はファミリーマンの仕業ではないことを見抜く。誰もジャックの意見には耳を傾けないが、ジムはジャックと共に捜査を進めるのだった。(ウィキペディアより)

 

なんだかやばそうなあらすじですが、この作品はジョークが多いし相方のジムとのタッグの相性がよくテンポの良い作品です。さらにセガールの演じるジャック・コールは、いつも仏教徒のような恰好していて、あまり暴力を好まない。しかし、レストランで大暴れするし教会で銃はぶっ放すしで実体はかなり凶暴。手に負えない。拳を覚えたブッダは最強なのだ、というのがわかる傑作です。

 

4.暴走特急

f:id:DonKi:20161102231437j:plain

CIAは監視システムおよび粒子ビーム砲を搭載した人工衛星「グレイザー1」を極秘裏に開発していた。そして打ち上げに成功し一同は安堵するが、設計者であるトラヴィス・デインの姿はその場になかった。人格に問題ありとみなされた彼は打ち上げを前に解雇され、それを苦に自殺したのだ。

一方、ケイシー・ライバックは海軍を除隊し、デンバーでレストランのオーナーシェフとなっていた。やはり海軍に奉職していた兄が事故死し、疎遠になっていた姪のサラとの仲を修復するために、ライバックは北アメリカ大陸を横断してロサンゼルスに向かう特急列車の旅行を計画した。休暇を取って駅にやって来たライバックはサラと久々の再会を果たすも、ぎごちない雰囲気のまま二人は列車に乗車する。列車には、二人の他にも「グレイザー1」の運用スタッフが乗車していた。列車は走り始め、しばらく平穏な旅が続いていたが、突如ハイテク機器を装備した数十人のテロリストが来襲し、列車全体がハイジャックされてしまう。(ウィキペディアより)

 

これは超おすすめ作品! 

テロリストに乗っ取られた列車の中で頼りない客室乗務員とともに戦い、テロリスト達を一人、また一人と一方的に葬ってゆきます。姪曰く、

 

「おじさんはヒーローだもの!」

 

隠れる場所の少ない列車の中で、セガールが一方的に敵を殺すのではなく、セガールが海軍で培った頭脳で列車を攻略していく様や、テロリストたちがセガールを殺そうと知恵を振り絞る過程は見事。実際劇中に女スナイパーが、セガールの肩をライフルで撃ち抜いてます。僕も初めて見たときは「終わった…。」と思いましたが、数分後に「この程度では打たれた内に入らない」と言い放つ姿にほれぼれしました。字幕でも十分面白い作品ですが、吹き替えも豪華キャストですので、両方おすすめです!

 

5.沈黙の戦艦

f:id:DonKi:20161102231448j:plain

退役を迎え、ハワイからアメリカ本土のサンフランシスコへ向けて最後の航海に出たアメリカ海軍のアイオワ級戦艦「ミズーリ」。艦長のサプライズ誕生日パーティーにヘリが着艦し、ミュージシャンとケータリング業者たちが降り立った。しかし、彼らの正体は元CIAエージェント、ストラニクス率いるテロリスト一味だった。「ミズーリ」副長・クリル中佐も仲間の一味で彼らを手引きし、艦内の警備体制をあらかじめ緩めていた。クリル中佐は艦長を殺害、テロリスト一味は他の乗員たちを船倉や船室に監禁してしまう。彼らの目的は、艦に搭載されている核弾頭搭載トマホーク巡航ミサイルを奪い、ブラックマーケットへ転売することだった。(ウィキペディアより)

 

超スーパーウルトラデラックスおすすめ!

この作品はセガールをスターダムにのし上げた傑作です。

ミズーリのコック、セガール演じるケイシーライバックが憎きテロリストと殺り合うのですが、コックが最強という設定を考えた制作者は天才! Navy SEALs出身のためナイフ捌きや銃の扱い、爆弾作りはお手の物。向かい討つ敵は裁きのセガール拳で一瞬で死亡! 最終ボスも1分ぐらいで死んじまった!

今までセガールが最強な作品を紹介してきましたが、今回は足手まといのストリップ女優がいます。そのため、Navy SEALsの手腕が発揮されずに危機を迎えることもありますが、そんなストリップ女優も終盤では立派なパートナーに。いつの間にかサブマシンガンの使い方を理解するようになります。

しかも今作は敵も良い配役! ゲイリー・ビジーにトミーリージョーンズ! なかなかイカれた演技でテロリストの残虐性を巧みに演じています。

 

以上僕的おすすめセガール映画5選でした。セガール映画はまだまだありますが、入門にはちょうど良いのではないでしょうか。そして僕の拙い表現力ではまだまだセガールの魅力は伝え切れていません。是非、映画をご覧になってください!