読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DonKiのブログ

人の日記を覗きにきたドスケベのみなさま、どうぞごゆるりとしていってくださいませ。

「若者のガム離れ」の記事から想像した日本の未来

今日「若者のガム離れ」を取り上げた記事を読みました。すごいですね。ガム離れですか。僕はガムが大好きなのでそれはもう毎日くっちゃくっちゃ噛んでます。ガムをくちゃくちゃしながら噛むの最高ですよね。ガムクチャ弾圧隊のみなさんも是非一度ガムクチャしてみてください。ボストンの若者の気分を味わえます。ボストンの若者がガムクチャしてるかどうかは知りません。

 

さて、若者のガム離れですか。僕も若者ですが、そんなものにまで「離れ」なんていう言葉を使う時代になってしまいましたね。たぶん次に来るのは「チューイングガム離れ」その次は「タブレット離れ」、数年後には「咀嚼離れ」が来るでしょう。

 

噛むことを拒むようになった若者は流動食のみを摂取するようになり、国が「そしゃく週間」を打ち出すでしょう。しかしそれでは若者に歯止めはききません。ついには流動食まで拒むようになるのです。

 

そう、「若者の食事離れ」です。そして若者は光合成を始め、食事を摂らなくなります。すると日本の農業は壊滅的状態になり、さらに超高齢化が進んだ日本は光合成を始めた若者に頼るしかありません。国は「ネオ人類」として世界に排出するのです。超自然的な日本のネオ人類は世界で賞賛を浴び、世界もネオ人類を目指すようになります。ネオ人類をさらにアピールしようとする日本ですが、他国の評価が気になり謎の番組を始めるようになり、若者から反感を買われます。日本に辟易した若者は蜂起し、全裸になります。

 

そう、「若者の着衣離れ」です。するとどうでしょう。日本の若者たちは二手に分かれてしまいました。「さすがにやりすぎでしょ」「ネオ人類の恥」「光合成することと全裸になることは違う」「いや、素晴らしい」「反対してるやつなんなの?」「脱げないやつはデブか鶏ガラ」など、両者が争うことに成り事態は泥沼化。結局世界のネオ人類のほうがリードすることになり、日本国民はオールド人類として扱われ、相変わらず他国の評価を気にした謎番組を制作し続けます。そしてどんどん内向的になった若者はお互いに争い続け、「どちらが一番○○離れ」してるかをアピールするようになり、クリエイティブの欠片も残らず、絶滅することでしょう。

 

ですから、若者は世間にあるものから脱却しようとせずに、どんどん取り入れていきましょう。みなさんで日本国民の絶滅を防ぎましょう!