DonKiのブログ

人の日記を覗きにきたドスケベのみなさま、どうぞごゆるりとしていってくださいませ。

僕が愛して止まない女優、清水富美加が出家してしまった

いつものようにゲス顔でツイッターを鑑賞し人々の日常をのぞき込んでいたところ、とあるツイートが目に飛び込んできた。僕が愛して止まない女優、清水富美加さん(以下ふみかす)が鬼気迫るようなツイートをしていた。それは新アカウントへの誘導だったのだが、誘導の仕方が意味深であった。「このツイートはすぐ消しちゃう」ではなく「このツイートはすぐ消されちゃうかもしれない」となっていた。実際そのツイートはすぐに消され、アカウントも消えてしまった。

 

そして新アカウントで、ある「宣言」をするそうだ。新アカウントでは「私以外に私の本当のことを語れる人なんていない」とツイートしている。確かにその通りだ。僕だって社会では真面目なキャラで通ってるが、内面はツイッターで悪意に触れニコニコしているゲス人間だ。人は日々仮面を付けて生活している。その仮面を外すことは、社会と接している以上不可能なことだ。やはり本当の自分は自分にしかわからない。さすがはふみかす。真実を見通すとは。

 

さて、いつもは優雅な目覚めをして朝食はトーストとコーヒーを愉しむシンプルな生活をしている僕だが、今朝は違った。目が覚めた瞬間妙な違和感がある。「なんだこの胸のざわめきは」と思わず呟いてしまった。ツイッターではない。そして一つの確信を覚えた。「ふみかす……!」また呟いた。僕は急いでふみかすのアカウントへと向かった。新たなツイートはなし。不安と喜びが交差する。

 

しかしそれはYahoo!ニュースを見たときに喜憂は絶望へと変わった。なんとふみかすが芸能界を引退するというニュースが目に映った。僕は意識せず速攻でリンクをタッチした。そしてそのニュースは思考の混濁を招いた。ニュースのタイトルが「清水富美加 芸能界引退の報道」だったものの、リンク先のタイトルが「清水富美加、22歳で衝撃の引退…理由は「幸福の科学に出家」」となっていたのだ。僕は衝撃のあまり、ぶっと唾を吐いてしまった。画面には泡沫の唾がべったりと付いた。それを拭くことなくしばらく放心状態になった。「どうしてどうしてどうして」と「大川隆砲」というワードが頭を巡っていた。数秒の沈黙の後、我に返り落ち着いて記事を読むことにした。

 

たったの2ページでふみかす引退の報道は終わった。記事には幼い時から信仰していたこと、両親が離婚していたこと、いますぐ引退を望んでいることが書かれていた。人の人生を記すにはあまりにも短すぎる記事だった。僕はまた呆然とした。もう二度と「コスモのマイカーリース!」が聞けないのか、ニベアのCMが見られないのか、もはやテレビでふみかすをお目に掛かることはないのか。様々な思考が駆け巡り、僕はロボトミー手術を受けた人のように虚無と化した。

 

仮に記事が本当だった場合、ふみかすは出家してしまう。俗世と隔絶し、神との交信に人生を賭す事になる。かつて出家とはとんでもない一大イベントだったという。世を捨てることは自分と繋がりのあるものとの別れを意味する。つまりふみかすはファンから離れることになる。変態仮面のときからファンだった僕はどうしたらいいんだろうか。死のうか。いや、待て、落ち着け。ふみかすが消えるわけじゃない。ファンたちの心に永遠に残るじゃないか。メモリーイズフォーエヴァー。

 

しかし、そんなしょうもない少年漫画の最終回みたいなエンディングはあまりにもちっぽけだ。ふみかすが出家することになると、やはり悲しい。ツイッターという中途半端な繋がりは虚しいばかりだ。ファンとしての立ち位置が不明瞭になる。僕も神を信奉すればいいのだろうか。

 

まだ出家すると決まったわけではないので、これくらいのことしか言えないが、僕は早く「真実」というのを知りたい。それ如何によってどうなるかは神のみぞ知るというやつだ。

 

もし、ふみかすが本当に出家して、勧誘員として僕の家に来たら喜んで信仰する準備はある。ふみかすは喜び、僕は救われる。Win-Winの関係だ。しかし僕が信仰するのはふみかすであって、大川さんでもないし守護霊でもない。ふみかすこそが神にふさわしい人物なのだ。

 

あれ?信仰ってなんだっけ?

 

 

チョコミントアイス嫌いよ、チョコミントは歯磨き粉味じゃない

僕はチョコミントアイスが大好きだ。チョコミントアイスを前にしたらどんな高級なお菓子も灰燼と化すほどだ。それくらい僕はチョコミントアイスを愛している。しかし残念かな世の中には憎っくきアンチチョコミントの存在がある。その人たちの主張は主にこうだ。

 

「チョコミントって歯磨き粉味じゃん」

 

チョコミントの話題になると決まって歯磨き粉味と言わなければ死んでしまう病の患者が多い。今回はそんなアンチチョコミントの意見を覆すエントリーだ。

 

まず、なぜチョコミントが歯磨き粉と呼ばれなければならないのか。それは至って簡単。歯磨き粉を口に放り込むとスースーするからである。歯磨き粉にミントが入っているのか知らないが、歯磨き粉にはミントが入っていると思われているようだ。たったそんな理由でチョコミントは歯磨き粉と呼ばれている。なんとも嘆かわしい。

 

では、歯磨き粉にチョコや砂糖、ミルクは入っているのか? 答えは簡単。入っているはずがない。そんな事をしたら歯周病患者が増えて訴えられるだけだ。だから、そもそもチョコミントは歯磨き粉というのは視野が狭い。チョコの部分を度外視してはいけない。さらに同じスースーならガムはどうなんだ。あっちは特に何も言われていないではないか。どちらかというとガムのほうが歯磨き粉に近い。しかもそういうスースーするガムに限っておいしくもなんともない。人工甘味料のような味がうっすらとするだけでどちらかと言えば不味い。それなのにガムはなにも蔑まれる事もなく安地に居座っている。これは許しがたいことだ。

 

しかし、今回の相手はガムじゃない。アンチチョコミントだ。ミントという所だけを見て「歯磨き粉味」という蔑称を付けている。さらにやっかいなのは、こちらがいかにチョコミントのおいしさを伝えようとしても「でもさ、歯磨き小味じゃんw」の一言で全てを破綻させようとする。あまりにも安易すぎる。僕は荒波の中でもチョコミントの素晴らしさを伝えたい。

 

まず、チョコミントアイスという響きから、その成分がチョコとミントだけに限定されていると思われるのだろう。しかし実際は違う。チョコミントという名前に至るまでの過程にはそもそもアイスがなければならない。つまりチョコ+ミント+アイスの黄金比を見つけなければバランスを崩しどっちつかずになってしまう。チョコミントアイスはデリケートは食べ物なのだ。ミントが強すぎればスースーする代物に、チョコが強ければチョコだけで良くなってしまい、アイスが強ければ、バニラ食ってろとなってしまう。ミントの清涼感、チョコのパリパリ感、アイスのほどよい甘さがマッチしていなければ成立しない。

 

それを安易に「歯磨き粉味」と決めつけるのはあまりにも愚かしいのではないか? そもそもアイスを作るのですら大変なのに、そこにチョコとミントをバランス良く配合することの手間の多さに感動すら覚える。これはあんこ職人とよく似ている。小豆をただ茹でて砂糖を加えるだけではない。長時間小豆を茹で、よくチェックし差し水をし、水と小豆のバランスをキープし、塩を投入し、砂糖を入れ煮る。こうしてあんこは生まれる。さらにこしあんにするには手間をかけて漉す作業を必要とする。僕は職人が手間をかけて作ったこしあんが好きだ。なぜならそこにはストーリーがあるからだ。チョコミントアイスにも同じだ。チョコ、ミント、アイスの黄金比を見極め、バランスを保つには相当の苦労がある。僕はストーリーがある食べ物が好きなのだ。

 

チョコミントアイスを夏場に食べればアイスのおいしさにまず感動できるし、冷たくてぱりぱりしたチョコで甘さを補給できるし、ミントの清涼感ですっきりできる。夏場には一石三鳥のアイスなのである。さらに冬場にも最適だ。冬場はこってりしたものを食べがち、そこでチョコミントアイスの存在が欠かせない。冷えているから甘さが控えめのように感じるさっぱりしてるから冬の食物事情にはもってこいである。

 

残念ながらチョコミントアイスはそこまで市民権を得ていないのか、通年で売られるケースはほぼ皆無だ。通年売られている場所があれば教えて欲しい。そこに移住したい。

 

チョコミントアイスの素晴らしさが分かっただろうか。僕の文章力が乏しいのでこのくらいしか書けないが、必死さは伝わっただろう。「歯磨き粉味」という貶しがどうしても許せず書いてしまった。これからもチョコミントアイスの素晴らしさを伝えていきたい。

コーヒーは泥水なのか?

コーヒーは泥水なのか?

これは僕が優雅にコーヒーを飲んでいる時にふと降ってきた疑問です。ネットを見ると、コーヒーを飲めない人が「泥水」と喩えていました。その言葉を目にしたときは「コーヒー飲めないお子ちゃまワロタwww」くらいにしか思いませんでした。結構煽っていますね。

 

確かに泥水はコーヒーっぽい。しかし泥水とコーヒーの味は確実に違います。僕は中学生の時に走り幅跳びの着地に失敗したときに砂場の砂利をこれでもかと食らいました。口の中はじゃりじゃりで、急いで水道で口をすすぎました。結論から言うと泥水は無味。それに砂利は最悪の食感でいつまでも口に残るという最悪の代物です。

 

ですからコーヒーは決して泥水ではありません。コーヒー=苦い=泥水と喩えてしまった方が泥水の地獄をきっと知らないのでしょう。あるいはコーヒーを飲むことは泥水を飲むような地獄と喩えたかったのでしょうか。そこまでコーヒーを嫌うのは前世がコーヒー農家で圧政で大量のコーヒー豆を生産しなければならず多忙で死んだボリビアあたりの人なんでしょう。それなら理解できます。

 

そこで僕はコーヒーを異常なまでに嫌う人の気持ちになってコーヒーを飲むとどうなるのか?コーヒーは本当は泥水なのではないか?と疑問を持つようになりました。確かに上から目線でコーヒーを飲めない人を蔑むのは簡単。「お子ちゃまワロタwww」で済みますからね。ですが苦手な人の気持ちになることは容易ではありません。だから苦手な人の気持ちになろうと思ったのです。以下はそのときの様子を下手な小説もどきで描いてみました。

 

朝食時、いつものようにトースターでパンを焼き、皿に盛り付ける。熱々のパンにバターを塗りじっくりと溶けるのを愉しむ。ネスプレッソにヴィヴァルト・ルンゴのカプセルを入れエスプレッソのボタンを押す。マシンは気圧でコーヒーを排出するため、轟音を響かせる。この時間がまた良い。一瞬の轟音が鳴り止み目の前のコーヒーカップには綺麗に泡が乗っており、湯気が上り、コーヒーの香りが脳を循環する。右手にパンの乗った皿を持ち、左手にコーヒーカップを持ちテーブルへと向かう。ソファに座りしばしの沈黙。これから朝食を摂るのだ。食事という神聖な儀式の大切さを胸に刻み、いざ実食。まずは長い睡眠で乾いた喉を潤すためにコーヒーカップに手を伸ばす。一口飲めば喉は砂漠からオアシスへと変貌する。それを期待して人は水分を摂取する。その水分に味を付け、人は満足する。それが朝食時のコーヒーだ。よし、飲もう。そう意気込み一口飲んだ。「!?」という衝撃が脳を過ぎった。「なんだこの苦い液体は!」思わず怒った。そして「こんな物を朝の貴重な時間に飲ませんじゃねえ!」と激昂した。今まで自分が飲んでいたコーヒーという代物は喉を潤すものじゃない。味覚を殺す悪魔の液体だ。青春時代はコーヒーなど飲んでいなかったじゃないか。毎朝牛乳だったじゃないか。それがいつしか青春を忘れ悪魔に魂を売り、毒を摂取していたとは。それは大人らしく見せるという欺瞞が心を殺し、他者を侮蔑するためにコーヒーを飲んでいたとは。コーヒーなど飲み物ではない。悪魔により姿を変えた泥水だ!

 

いかがでしたでしょうか。僕がコーヒーを飲み始めた理由が「大人になりたい」というちっぽけなものだと気付かされました。思えば中学生のとき、友達に見栄を張るためについた嘘が事の発端でした。コーヒーを飲めない人を馬鹿にするために呑み始めたという不純さ。さながら不良少年のようでした。皆さんも誰かを馬鹿にしたいがためにはじめ、それが習慣として身についてしまったことはありませんか? 是非探してみてください。

引きこもりがジョギングをしたら5分しか走れなかった

こんばんは。

 

最近ジョギングを始めたということは前のエントリーで書きましたが、意外と続いています。今後も続けられるように頑張りたいと思います。

 

さて、続いてるとは言えまだまだ初歩中の初歩です。ですからすぐバテます。5分ぐらいしか走れません。もともと体力には全然自信がなく、中高でも体力は最下位近くで、「走れない豚」の異名を持っていました。それにしても全然活動してくれない肺と足に驚きました。中高生時代より体力がないのではないかと思います。

 

走り始めて2分後に足が痛くなり、4分後には肺がまともに機能してくれません。引きこもってぶくぶく肥えた腹に落ちに落ちた体力に怒りすらも感じます。なぜ今までサボっていたのか…。実は引きこもり中も筋トレだけは毎日10分程度はしていたのですが、効果はいまいちでぽっこりお腹は全く解消されませんでした。目標はブルースリーでしたが、足下にも及びませんでした。そしてジョギング前はよくお腹をさすったりしていたのですがそれも効果なし。なんだかんだあってランニングを始めました。

 

ジョギングをしようと決心した日、まず家を出てすぐ走り出したところ左足に激痛が。思わず「おうふ…!」と声を漏らしてしまいました。それからゆったりと歩いているのか走っているのか分からないペースで走ってみたところそこそこ走れるように。ですが、5分と持たずにダウン。走ってる姿は相当醜かったと思います。

 

今後は10分、20分と走れるようになって、いつかフルマラソンを走れるようになりたいです。長く走れるコツがあれば教えてください。

【感想】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、はっきり言っても控えめに言っても最高!!!

※ネタバレあり

 

こんにちは。僕はスターウォーズ、特にストームトルーパーが大好きです。子どもの頃、E11ブラスターが発する「チュン、チュン」という音を聞いて惚れ惚れしました。あのおもちゃみたいな音が妙に僕の心にクリーンヒットしたんです。それからエピソードを重ねるごとにますますストームトルーパーになりたい欲が増大したし、今でもストームトルーパーになりたいという夢があります。正直言ってEP7のストームトルーパーは全然ダメ。あのデザインからは今後トルーパーになりたいという少年が出てこないんじゃないかと危惧するほどダメなデザインです。丸っこいトルーパーなんぞはトルーパーにあらず。やはりゴツくてちょっと歪んでるあのバケツ頭じゃないとイカンのです。

 

銃撃一発でやられようと、オビワンにマインドコントロールされて「move along」と言わされようと、絶大な存在感を引き出せるのは旧トルーパーだけ…。世界で一番人気のある雑魚キャラだと僕は思っています。もはやストームトルーパーはただの雑魚ではないのです。

 

話がトルーパーに逸れましたが、今回の『ローグワン』はちょっとネタバレすると、EP4の前日譚です。ルークやハン・ソロレイア姫が活躍する前の、反乱軍の戦士たちを描いた作品になっています。最初は予告に暗いイメージを抱いていて、ちょっと人間ドラマばっかりの退屈な作品なのかなと鑑賞する前は思っていました。しかしそのイメージは愚かにも全く異なっていました。実際は激しい銃撃戦もたくさんあり、巧みに人間ドラマを描いていました。

 

さらに『ローグワン』にはジェダイが登場しないので、最強の戦士は一切登場しません。そのため登場人物全員がフォースを使えません。正確にはそれっぽいのはあるのですが、相手を吹き飛ばしたり、窒息させたり、マインドコントロールするような高等テクは登場しません。使用武器はほとんど銃です。銃しか携えていない反乱軍の雑兵が強大な帝国軍に挑むんです。ですからトルーパーでさえ強敵です。

 

トルーパーファンは喜んでください。今回のトルーパーはめちゃくちゃかっこいいです。反乱軍に立ち向かう姿が異常に勇ましく描かれていて、「ジェダイ? なにそれ」状態で仁王立ちしています。そして叫び声のようなエンジン音のタイファイターもまた見事。Xウィングとのドッグファイトでもしっかり見せ場があります。反乱軍にはEP7のポー・ダメロンのようなパイロットは登場しませんので、これまた手に汗握る殺し合い。最高です。さらにワイヤーで一発KOだったAT-ATも難攻不落の兵器として恐ろしく描かれています。しかしスターデストロイヤーは無能でした。

 

今までただの雑魚としか描かれなかったトルーパーが強敵になって挑んでくるなんて想像したことありますか? いままで帝国軍がどんなに頑張っても即ボコボコにさせられてたのに、今回は帝国軍の恐ろしさに足がガクガク震えました。ジェダイがいないだけでこんなに強大な存在なのかと思い知らされます。あのE11ブラスターが感動すら生むシーンもあるんですよ? ストームトルーパー万歳! トルーパーを強敵に描いた『ローグワン』万歳!

 

話がまたトルーパーに逸れました。そう、『ローグワン』は雑兵対雑兵を描いた非常に熱い作品なんです。正直ルークやソロやオビワンといった大物が出てこないというのはかなり不安でしたが、そんなことは5分で吹き飛びました。「EP4の前にこんな儚い物語があったのか…」という素晴らしい作品ですので、鑑賞をお勧めします。ラストは善良な人なら泣けます。トルーパーファンは必見です。

 

youtu.be