読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DonKiのブログ

人の日記を覗きにきたドスケベのみなさま、どうぞごゆるりとしていってくださいませ。

Youtubeのバカみたいなサムネイルを嫌いになれない

僕はよくYouTubeで動画を見る。見る動画は映画関連のものが多い。この前は『ブレードランナー』のシーン集を見て感動した。手垢まみれの表現だが、退廃的な街の雰囲気が見事に僕にマッチしている。何度見ても良い。

 

僕が動画を見て、感動なり興奮なりを覚えているときに限って奴らが来る。タイトルの通り「バカみたいなサムネイル」だ。

 

サムネイル画面に埋め尽くされている鮮やかな文字色。目がちかちかするバランスの悪さに加え、知能が著しく低いと思われる文字列。僕は見かけるたびに脳味噌が悪い方向に刺激されているような感覚がする。でも、僕は「バカみたいなサムネイル」を嫌いになれない。

 

なぜなら、そこには投稿者なりの工夫があるからだ。この大量消費社会、情報過多の時代において、個人が爪痕を残すのは簡単ではない。そしてYouTubeはインターネット社会における大御所だ。自由に動画を投稿できるとはいえ、視聴されることはまれだ。

 

僕もかつて動画投稿に胸を躍らしていた時期がある。自分なりに下手くそながら編集をして、動画タイトルをつけて投稿した。しかし、結果は無残にも最大で再生数は「8」くらいだった。それがトラウマになって動画投稿を辞めてしまった。

 

生き残るのが難しいYouTubeという舞台で、バカみたいなサムネイルを表示させるという行為は、とても誉れ高い行為である。さらに再生数が低ければ低いほど僕は興奮する。「こんなにも努力してるのに再生数低ッッッ!!!」となるのだ。

 

僕は動画のサムネイルに、投稿者の努力を垣間見る。バカすぎてもダメで、知的すぎてもダメなのだ。ちょうどいいバカさ加減が、サムネイルの真骨頂。そのちょうどいいバカさ加減が難しい。自らバカになりきるのは難しいからだ。人間は自分の作品を人に見せるとき、プライドが入り混じってしまう。そうなると、変哲もない作品になってしまいがちだ。

 

僕が思う良いサムネイルの基準は、「出たばかりの犬のウンコの内部にある、まだホカホカの部分」だ。汚い言葉になってしまって申し訳ない。しかし、このバランスをあなたは身に着けることができるだろうか?これには相当な努力を要する。

 

だから、僕はYouTubeのバカみたいなサムネを嫌いになることができない。今日も明日も明後日も、僕はバカみたいなサムネイルを見かけるたびに、ほくそ笑むことだろう。

猫は哲学者なのかもしれない

僕は猫を飼っている。しっぽが曲がった猫だ。いつもにゃーにゃ―鳴いてわがままを言っている。大体は「飯をくれ」「トイレのシートを変えろ」「撫でろ」「抱っこしろ」だ。僕は、その鳴き声に弱いから、すぐ言うことを聞いてしまう。どっちが飼われているんだか。

 

ことあるごとににゃーにゃー鳴いている猫が、黙るときがある。それは水を飲むときだ。僕の家の猫はシンクの蛇口から流れる水を飲む。その時だけ、鳴かないのだ。じっとシンクの中に座っているのだ。そして蛇口から流れる水をずっと眺める。

 

この猫は哲学者なのかもしれない、と僕は思った。猫が蛇口から水を飲むまで、とても長い。水を見つめては触っては、濡れた前足を舐めてを繰り返している。考えていることがあるのだろうか。母は「遊んでるだけでしょ」と言うが、眺め方がまるで人間のようなのだ。

 

「この水はどのように流れ、どこに行くのか。この喉を潤す液体は、なぜ存在するのか。ひいてはなぜ水を必要とするのか。自分の肉体はどこからやってきたのだろうか」と、思案しているように思える。人間からしてみたら、水は生きる上で必要なものでしかないが、家の猫はどうも水と生命について深く考えているように見える。

 

しばらく水と触れ合ったあと、何事もなかったかのように水を飲み始める。そしてまたにゃーにゃー鳴いては要求ばかりするのである。猫という動物は不思議な存在だ。

【感想】『全部、言っちゃうね。本名・清水富美加、今日、出家しまする。』を読んで、「逃げる」ことについて考えた

この本は、元・清水富美加、現・千眼美子によるエッセイである。内容は清水富美加が出家し千眼美子に至るまでの過程を詳細に記している。

 

本書では主に、千眼美子が清水富美加だったとき、常に「死にたい」と思っていたことと、その絶望的状況から救い出してくれたのは「幸福の科学」であることが書かれている。

 

本書は4章構成になっている。

第一章は、「でも今日、出家します」と題されている。主な内容は、今すぐにも「死にたい」という状況から救い出してくれたのは、事務所ではなく幸福の科学だったこと。

 

そして幸福の科学を子供のころから信仰しており、弱みに付け込まれたわけでも洗脳されたわけでもなく、「自分から求めて」いたこと。自身と同じ苦しみを持つ人を闇から救い出したいと考えていることが書かれている。

 

第二章は、「死にたかった7年、死ななかった7年。」と題されている。

千眼美子が「死にたい」と思っていたのは7年前の仕事を始めたあたりで、発端は水着の仕事をしたこと。その罪悪感に苛まれ、死のうとしてガムテープを口と鼻に張ったこともあり、その後も自殺未遂をすることがあった。

 

しかし、その状況から救ってくれたのは幸福の科学だった。「祈願」を受けたことで安心することができたという。幸福の科学にいると神を近くに感じられて、「ずっとここにいたい」という気持ちになり、より一層「神のために生きたい」という気持ちが日に日に増えた。

 

そうして出家をする決心が付いた。出家をし、仕事を辞めてからは、「死にたい」と思うことはなくなった。こうして清水富美加は千眼美子として生きることになったことが書かれている。

 

第三章は、「私の生い立ち」と題されている。

千眼美子は物心ついたころから幸福の科学を信仰していた。6歳の時に幸福の科学の信者になった。

 

小学6年生のころにスカウトをされてから、中学で有頂天になった後、高校で不登校気味になったり、仕事を辞めたくてマネージャーに相談をしたことが書かれ、「22歳までに売れる」ことを決意したことが書かれている。

 

第四章は、「ずっと幸福の科学」と題されている。

千眼美子は、幸福の科学があったから、生きてこれたという。自分が信じる神がいることによって今まで、生かされ、これからも神によって生かされ続けるだろうと述べている。

 

【感想】

僕は清水富美加のファンだ。3年ぐらい前に『変態仮面』を観てからファンになった。演技が上手で、その上可愛いところに惹かれたのだ。僕はいつも彼女のツイートを楽しみにしていた。つらい時も、彼女のツイートを読むと楽になった。

 

しかし、事件は起きた。彼女がツイッターで新アカウントを作ったのだ。そして「自分の真実くらい、自分で語らせて下さい」という清水富美加のツイートを見たとき、思わずたじろいだ。真相はすぐに明らかとなった。

 

清水富美加は出家して、千眼美子という名前で幸福の科学に従事することになった。この事実を知ったとき、僕は困惑を覚えた。まさか宗教に身を委ねるとは思ってもいなかったからだ。

 

しかし、それは清水富美加が人間として下した重要な判断によるものだから、誰にも止める権利はない。僕はファンとしての正しい行いがどういうものかはわからないが、僕自身の考え方でファンであり続けることにした。そして僕は清水富美加の言う真実を知るために、本書を購入した。

 

清水富美加に関する一連の騒動があって、すぐにこの本は出版された。僕がこの本を購入したのは、発売から三日経った今日である。僕は、買うなりすぐに本屋のベンチで読み始めた。文章量も多くなく、1時間もかからずに読めたように思う。

 

しかし、その内容は安易に語ることはできないものだった。読後の考える時間が異様に長かった。宗教とか、芸能界の闇とか、たしかにそういうものは胸に一物ある。しかし、一番重要なことは、彼女が「人間としての選択」をしたということだ。

 

テレビでは清水富美加のことをこれでもかと非難していた。やれ「責任を果たしてない」だの「身勝手」だの「多くの人を不幸にしている」だの、散々であった。

 

確かにこれらの発言をした人たちは間違ってはいない。清水富美加は多くの仕事を抱えていて、撮影途中の作品もあった。多くの人間が係わっている中、急にその場から離脱する行為は正しいとは言えない。やはり社会人としての責任は付いて回るだろう。

 

しかし、一人の人間が「生きる」ためにした選択だと思えば、間違っているとは誰も言えないはずである。

 

僕は女性の電通社員が自殺した事件を思い出した。彼女は、頑張りすぎた挙句、重荷に耐えられず自殺してしまった。今回の騒動は、それと重なる部分がある。

 

もし、清水富美加が頑張りすぎて自殺をしてしまった場合、世間はどういう反応を示すだろうか。電通社員の自殺の時は、「自殺するくらいなら辞めちゃえばいいのに」だった。きっと同じ反応をする。

 

さらに、清水富美加は芸能人という特殊な立場上選択の自由がなかった。それなりに売れ、仕事が次々に入り込んだり、ほかの仕事で忙しく、長い間自分を殺していたのだ。そんな自由がない人間が、自由になる選択をしたというのは、非常に重要なことだ。

 

彼女にとって自由になれる場所が「宗教」であった。幼いころから信仰していた宗教に出家をすることで、束縛から逃れることができた。長い間「死にたい」と希死念慮を抱いていた人間が逃げることができたのだ。

 

世の中にはどれだけ逃げることができない人間が多いことだろうか。人間関係や学校や仕事のしがらみに縛られ、挙句の果てには自殺をしてしまう人が多い。とある作品に「逃げちゃだめだ」というセリフがあるが、逃げなければならない状態にあるのに逃げられないのは、悲劇と言っても過言ではない。

 

人間は自分がかわいいから、意識せずに思考停止してまで環境の中に閉じこもろうとする。そこから一歩抜け出せれば「自由」になれる可能性が高いのに、「逃げる」という選択肢を選ぶことは簡単にできることではない。

 

もっと社会的に「逃げる」ことを肯定するべきだ。逃げることは情けないことかもしれない。多くの人間の迷惑をかけるかもしれない。人を不幸にしてしまうかもしれない。しかし、身の破滅が近い人間に、「逃げる」以外の選択肢を与えることはできるだろうか。「闘え」と言うのは「死ね」と言っているのと同じだ。

 

清水富美加は、現状から逃げたことによって生きる道を歩むことになった。その選択は死ぬことよりもよっぽど良いことだ。「逃げるは恥だが役に立つ」とはこのことを言うのだろう。

 

僕は、彼女にとって「逃げる」という選択が間違ってなかったと思えるような人生を送れることを願う。

 

 

donki.hatenadiary.com

donki.hatenadiary.com

donki.hatenadiary.com

リア充の一日は48時間あるのではないか?

タイトルのまんまだが、リア充の一日はとてつもなく長いように感じる。かといって退屈しているわけでもない。本当に同じ時間軸に存在しているのかも分からない。時間だけは平等と言うけれど、確実にリア充と僕とでは大きな格差がある。彼らの一日は48時間はあるのではないか。

 

僕の一日なんてわざわざ表す必要なんてないと思うが、一応参考に書いておく。

 

朝ご飯を食べて、外出して、昼ご飯を食べて、帰宅して、晩ご飯を食べて、寝る。

 

これで一日が終わる。なんのために生きているのか分からない生活をしているなあと思わされる。犬の生活のほうが充実しているのではないか? 想像ではあるが犬の生活を考えてみた。

 

朝、目が覚めてから散歩に行き、帰ってきたら朝ご飯を食べ、しばらく眠る。その後、午後に散歩に出かけ、帰宅後少し眠り、夕食を摂る。夜には家族に囲まれて愛され、そして飼い主のベッドに入り、眠る。

 

僕と犬の最大の違いは、愛があるかないかである。僕の場合は、長らく不法投棄されたテレビのように存在感がないが、犬は愛されている。散歩に行くのも、飼い主による愛情があるからだ。ペットフードも健康にいいものを与えられているのだろう。

 

さて、リア充の一日とはどのようなものなのだろう。完全な妄想でしかないが、書いてみようと思う。

 

朝、目が覚めてインスタグラムを確認。友人の投稿に「いいね」を押して、軽くコメント。そこでしばしのやりとりを行う。

 

そしてついでに昼食の約束をとる。昼食を食べている際、その周りには自然と「仲間」が集まってくる。盛り上がる会話。そこだけ空間から切り抜かれ、独特の雰囲気になる。

 

ハブられている者などおらず皆が笑顔。そこには邪念などなく平和を彩るハーモニーが広がっている。そこので会話は時が止まり、他の時間軸から外れている。そして夕食を一緒に食べる約束を10数名とし、いったん解散。ここで時は動き出す。

 

夕食はバーベキューだ。集まった10数名は皆片手にスマホを持ち、「自撮り」をしている。各々がインスタグラムに写真を投稿している。インスタグラムは、現代のインターネットに存在する「エデン」だ。偽りや欺瞞など存在しない。

 

ここでも時は止まっている。多くの人間は別の時間軸に取り残され、猜疑心に塗れた時を過ごす。しかし、リア充にそんなことはない。楽園と化した場に時は存在しない。

 

夕食が終了し、時が動き始める。解散したあと、リア充はインスタグラムを閲覧する。そして友人の投稿に「いいね」を押す。そして眠るのである。

 

僕が一日の長さにうんざりしているとき、リア充はその「時」を楽しんでいる。それが大きな違いだ。あっという間に過ぎる時間を楽しめるリア充は凄い。だから、時間は平等ではない。リア充は一日を48時間過ごせる術を持っているのだ。

ジャパネットたかたの大いなる魅力

僕は普段テレビをあまり観ない。というのも、達観したいとかテレビを観ると頭が悪くなるとか、そんな理由ではない。生活のウェイトがテレビよりもインターネットに偏っているからだ。悪魔じみた顔でツイッターを見てると、自然と時が経っている。いや~、天国も地獄も見られるツイッターワールドは飽きませんわ。

 

しかし、そんなテレビを観ない僕でも唯一観る番組がある。「ジャパネットたかた」だ。あれが番組なのかCMなのかといえば、CMだが、あれは僕にとって最大のエンターテインメントなので、番組ということにしておく。

 

まず、商品紹介の時点でテンションマックスの司会者。そこには一点の邪念も感じない。正直、そんなものいるか?と思ってしまうような商品でも全力で紹介。そこにジャパネットクオリティを感じる。視聴者にとってパンチの弱い商品でも甲高い声と笑顔で勝負。思わず欲しい!と思わせる技術は天下一品。

 

皆さんは、ネットショッピングをするだろうか? おそらくするであろう。最近ではアマゾンや楽天以外でも有用なネットショッピングサイトが多くある。ボタンを4回ぐらいクリックしたら買えるのが最大の魅力だ。しかし、そこに「優しさ」はあるのだろうか? はっきり言おう、無い。

 

ネットショッピングで「この商品を買おう」と思ったとき、説明不足な商品や胡散臭さを感じさせる商品はないだろうか。僕は何度もそれで騙されている。そのたびに慟哭している。なぜ、もうちょっと詳細を教えてくれないのだろうか、なぜ不親切な対応をするのだろうか、優しさは何処…。

 

しかし、そんな不運もジャパネットなら解消は必至。最初から最後まで丁寧な説明をし、さらには専門知識の無い素人にも、付属品も付けて販売するなど、消費者ファーストで宣伝する。

 

ネットショッピングにここまで親切にしてくれるサイトはあるだろうか? アマゾンなんぞはいらんものを買わそうとするし、楽天はショップの説明が多すぎてスクロールをするたびに買う気を失わせてくる。その点、ジャパネットはただ垂れ流すだけで情報がばんばん入ってくるし、実演も兼ねて商品の良さを宣伝する。こんなに商品にも消費者にも優しい会社は他にない。

 

しかし、ここまでジャパネットの良さをバカなりに説明してきた僕だが、一つ謝らなければならないことがある。

 

実は僕は、ジャパネットたかたで商品を買ったことがないのだ。あくまであの番組が好きなのであって、買い物はアマゾンばかりである。だって安いんだもん。

 

そんなわけで、ジャパネットたかたの魅力を説明したが、最後で説得力を失ってしまったエントリーはこれで終わりです。